スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年04月04日

HK45の使い勝手。



えー、3夜連続更新で垂れ流しておりますHK45ネタ。(ぉ
一応、今回で一区切りの予定でおます。





さて、HK45の使い勝手ですが、、、
まず最初に驚くのがグリップの握り易さでしょうか。
USPからの進歩を最も感じる部分です。

グリップの絶対的な横幅が細くなっているのもそうなんですが、
掌に合わせてクビレを設けているのが効いている感じです。
かなり手の小さい私ですが、フィンガーチャンネルも違和感無く馴染みマス。



コントロールレバーはスナッグフリーを意識してか、
USPに比べシェイプアップされています。
操作性は問題無し。

今回のモデルでは左側面のみです。
が、私的には逆にアンビでなくて良かったなと。
というのも、USPの時はデコックする際に右側のレバーが掌に食い込んで(ry



スライドストップも同様に、
USPのアンビ仕様はホールドオープン解除時に人差し指に当たり、
解除されないコトがありイラッとしたのですが、、、




コッチは相変わらず指に干渉するというorz
…指の置き場所を変えろってことですね。
たぶん無理ですが。(←



次に撃ち味ですが、、、
何というか、とっても07HK。(ぉ
鋭い動きで軽快に作動します。
反動はABSスライドの07HKとしてはまぁまぁといったトコロです。

トリガーフィールはUSPとほぼ同一。
シアに当たってから切れるまでにストロークが2mm程度あります。
それなもんで、片手で撃つ際は銃のブレに注意しないと着弾がブレます。
当然、私がヘタッピなだけですが(ry

シアが切れた後もトリガーストロークがあり、
リコネクトはトリガーをほぼ全戻ししないといけませぬ。
とりあえづ、普通にダブルタップする分には問題ない感じです。
元々競技用の銃でもありませんし。(・ω・`)


HOPパッキンにはお約束の(?)ヒゲが出てましたが、命中精度はすこぶる良好です。
マルイ0.20gで10m先のミカンに確実に当たる精度を持っています。
個体差もあるかもですが、先日購入したSTIよりも良さそうな感じです。
グルーピングは取っていないので、今週末にでも取ってみます。





ちなみに、マガジンを暖めると2重給弾する確率が高くなり、
スライドが普通に閉鎖した様でも、こんな所に弾が詰まって動かなくなることも(ry
スライドは閉鎖しているのにも関わらず、トリガーが引きっぱなしのまま戻らず焦りマシタ。



とりあえづ、そんな感じで。
今週末撃ち込みをする予定なので、
何かあればまた書こうと思いマス。  


Posted by 尾川屋  at 22:48Comments(0)KSC HK45

2012年04月03日

HK45の細かいトコロ。

今日は春のアラシにつき、会社が14:00で切り上げになりマシタ。
Riseさんではセフティの屋根が被害を受けたそうで…。(・ω・`)
フィールド内は被害が少ないことを祈るばかりです。


さて、それでは昨日に引き続き、HK45の気になったトコロをつらつらと。
まずは外観をば。





全体的に艶消しで仕上げてあるんですが、チャンバーブロックの上面のみ鏡面になってマス。
薄っすらと残るツールマークがまた何とも (*´Д`)モエッ





フレームのパーティングラインも実銃に準拠した形状になっているようです。
SP2022の時もそうでしたが、こういった拘りがKSCらしいですねぃ。






サイトは前後共に大きめで瞬間照準しやすいデザインです。
マルイの電ポコP30の時のようにサイトの隙間が開きすぎといったコトもなく
自然にサイティング可能です。

欲を言えば、リアサイトの染めの質感が安っぽいのを何とかして欲しかったトコロ。
ブラスト調であればパーフェクt…自分でやれってコトですね(ry

一方でフロントサイトは良い感じにブラs…ってプラ製なのね。
実銃もこうなんですかね?
まぁ、実用上何の問題も無いので文句はありませんが。





トリガー&マグキャッチ。
キャッチは大型化され操作性が良いです。
デザイン的にもトリガーガードからの延長上に収まっているので洗練された印象が。

そうそう。
HK45ってトリガーガードの内側が掘り込まれているんですね。
トリガーとトリガーガードの間に指を挟まれるのを防止する為でしょうか?



して、内部部品ですが、、、





リコイルSP一式。
巨大なプラ(ジュラコン?)製のバッファが目立ちますね。

まだ検証していないのでアレですが、、、
バッファーでスライドのストロークを決めているのであれば、
コイツを削ることでストロークを延ばし、スライドストップの作動をより確実に(ry

そうそう。
ガイドロッドの先端は二又になっており、ホールドオープンすると
『キーン』と良い音がします。
何というかこう、撃ち切った後の余韻に浸れる感じで。(厨二





アゴの厚みも充分にあるので、酷使しても簡単に破損することはなさそうです。





右側面のスライドストップはフレームでしっかり支えられており、
左側のスライドストップを抜いてもポロリもあるあるねーよ。(謎
左側のレバーとは軸の溝を噛みあわせて同期させてるんですね。
いやはや、良く考えたなと。





マガジンのフォロアロックは硬めですが今作も健在です。
空撃ちの衝撃で上がってくる機種が多いなか、
ガンガン撃ってもロックが勝手に解除されることも無くしっかりと役目を果たしてくれます。





あ、ココは共用部品なんですね。
入手性が良くなるので部品の共用は悪いことではないと思いマス。



とりあえづ、長くなるので今日はこんなところで。
次回は使い勝手について少々。  


Posted by 尾川屋  at 22:05Comments(2)KSC HK45

2012年04月02日

独りHK祭り♂

さて、先週末は予約していたHK45を引き取りに勝ラヂまで。

それにしても週末は風が酷かったですね。
風でいろんなモノが舞ってましたが、
タンブルウィードどころかホウキ草が根元から転がっていたりとか(ry






…ここは荒野のウェスタンだ。 (キリッ







…。








さて、そんなコンナで勝ラヂに到着。
昼過ぎでしたが、天気のせいか常連さんは誰もおらずorz
気を取り直し、早速HK45を回収に…


 尾川 『店長!HK45入ってます?』      (hop)

 店長 『はいはい、取っておいてあるよ~』

 尾川 『あ、スライドストップ効くやつでw』   (step)

 店長 『1丁しか入れてねーよwww』

 尾川 『orz』                     (挫折)






はい、再度気を取り直しHK45です。
昨年のJSCで戴いたHK印のガンケースが大活躍。(謎

早速撃ち込んでみましたが、評判通り作動は絶好調。
スライドストップも常温であれば掛かります。
500発ほど撃ち、ノッチ欠けはありませんでした。

マガジンは大容量なだけあり暖めなくともガンガン動きます。
逆に暖めると2重給弾してジャムるという (ry
マガジンリップのテンションが弱いのが原因っぽいです。
フォロアスプリングを弱くすれば直るかしらん(・ω・`)








何だかテンションが上がってきたので、独りHK祭りをしてみる。(痛
HK45の他は、

 ・KSC HK33A2
 ・VFC MP5A2
 ・KSC Mk.23 (05HK HW)

でござります。
どれも所有欲を満たしてくれる可愛いヤツばかりです。
こっちの紹介はまた改めて。


とりあえづ、そんな感じで。
HK45の使い勝手等々はまた次回にでも。  


Posted by 尾川屋  at 21:05Comments(4)KSC HK45