スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年12月25日

MSRを改悪する。


さて、前回 『内部カスタムは様子見。(キリッ』 とほざきましたが、
早速翌日に手を入れている俺ガイル。。。
やっぱしコッキングが硬いのって嫌じゃないですか。(・ω・`)


そんなワケで会社上がりにふと思い立ち近所のタムタムまで。
国産用のバネにすれば軽くなるんじゃね?的な軽い気持ちで、ライラク○のPSS10_90SPを購入。
私的に好きなメーカではありませんが、テスト的なモノですし、ソレしかありませんでしたし。(←


帰宅後、早速バラして組み込みます。
純正のスプリングとは明らかにレートが違います。(純正はかなり硬いっす。)
各部の清掃、ススを取り除いて組上げて動作確認。
スプリングが柔らかいだけあり、VSR並みとは行かないまでもだいぶコッキングが軽くなりマシタ。

そして初速をチェックし、55m/sという驚愕の数値を叩き出すorz

カッとなってPDIのパーツ群をIYHしそうになる右手を押さえ付けつつ原因の確認ですよ。





おそらくはシリンダーヘッドに設けられた、この樹脂製のオリフィスでしょう。
穴径はφ2.5といったトコロです。
ポンチを当てて抜こうとしましたが、シッカリと嵌っているようで抜けませぬ。。。



仕方ないので(?)φ3.0のドリルで穴径を拡張し再計測。
初速は65m/sにUPしたので方向性は間違っていない様子。

次に穴径をφ3.5に拡張します。
先程の上昇率からすれば初速オーバーするコトは無いハズ。

センターがズレないように慎重にドリルを通しつつ、、、





オリフィスがスッポリと抜けまして。(←


恐る恐る初速を確認したトコロ、78m/sで安定。
使用弾は0.28g(スペリオール)なので、0.85Jといったトコロでしょうか。
あと一声ほしいトコロですが、とりあえずはOKかなと。


そんなコンナで、快適コッキング生活を獲得できマシタ。
とりあえづはこの状態で週末に弾道チェックですね。
OKそうであればパッキンをマルイ純正に交換してまた様子みたいと思いマス。  


Posted by 尾川屋  at 00:41Comments(2)MSR.338

2012年12月24日

MSRの精度とか。





さて、今日はMSRのゼロイン、精度確認をば。
使用弾はSGMからマルイスペリオール(0.28g)に変更します。
弾代云々というよりも、いつ買ったか忘れるほどのブツが出てきたので早めに使わないと(ry


まずは10mレストで気楽に10発撃って大体のグルーピングを確認します。
(ターゲット1のブログでその時の的紙が載ってます。)







して、悪くない感じだったので気合を入れて5発撃ったのが↑。
上下方向の散りは20mm程度ですが、左右に少し散っている印象。
x印の下3発は所謂ワンホール状態でよい感じだったのですが。(・ω・`)









ここで弾を新品のスペリオールに切り替えて再トライ。

今回は7発撃っていて、9印の横の着弾痕は私のミスです。(思いっきり手がプルッてしまった為)
右側のホームランはミスショットした感じでは無かったんですが、、、妙に右に飛んでいきマシタ。
残りの5発は10点圏に収まっています。



といふ感じで終了です。
後半はコッキングが硬くなって来たので、もう一度要清掃ですね。
そういえばトリガープルの調整も忘れてマシタ。(・ω・`)





ちなみに現在の仕様ですが、、、




スコープはノンブランドM3タイプからHAKKO製のWINNERに変更しました。
ミルドットタイプのイルミネーテッドレティクル x 2.5-10倍 x 50mmレンズ x 30mmチューブ仕様です。

元々はWE M14に載せようと思い、リコイル対策として実銃用を購入しましたが、、、
M14をドナドナしてしまい、ガンラック警備要員と化していたコイツをチョイスした次第。
10mでも5倍までならフォーカス合います。

※シカゴレジメンタルスさんで購入しましたが、実銃用だけあり10m程度ではフォーカス合うものが少ないそうです。
  当初は違うモデルを購入予定でしたが、ソレも10mではフォーカスが合わないそうなので、
  『10mでフォーカスが合うイルミ仕様』というワガママを言って選んでもらいマシタ。
  お陰様でよい買い物が出来ました。(何も聞かないで買っていたら…ねぇ。)

マウントリングは高さ33mにしています。
対物レンズ径がデカいのもありますが、チークパッドも高めなので、
スコープはやや高めのセットアップのほうが良さそうです。

レイル固定用ネジが1本足りていないのはきっと気のせいです。





ストックの左右、下面には4スロットのレイル(アルミ製)が付いていましたが、
軽くしたいので外してみたり。

またコッキング時に肩から外れないようにバットプレートはやや上方(チークパッドと同じ高さ)まで上げてマス。






ストックのガタは上下に両面テープを噛まして対応。
(実際には見えないように貼ってマス。)
コレで上下のガタは除去できました。

左右のガタは微小なので無視できるかなと…。
やるとなるとロック部の穴を弄るコトになるので作業がちょいと面倒です。。。





ターゲット1の射撃台にあわせるため、下面のレイルを手前にズラしてバイポッドを取り付けてマス。
バイポッドの締め付けネジ、レイルアダプターのレイル固定部のネジがアホ設計でグラグラだったので、
M5x25mmの規格品に変更しました。
コレでカッキリ固定できます。
SUS製なので強度もOKですが、、、銀色でガン目立ちなので、後で染めるなりします。。。

ニーリングに役立つ謎部品は余っていたXTMパネルを取りつけて、より手に優しくしてミマシタ。
まぁレイルのエッジが甘いので、そのままでも手を切る心配は無さそうですけれども。



とりあえづ、こんな感じです。
アレコレと内部カスタム(笑)してみたい衝動にも駆られますが、、、
慣らしも兼ねて暫くはこのまま様子を見たいと思いマス。
その間に部品構成も勉強しないとですね。
太径スプリングってなんぞ?(←  


Posted by 尾川屋  at 00:11Comments(2)MSR.338

2012年12月23日

21世紀の狙撃銃

さて、今週末もターゲット1に入り浸りだったワケですが。
あわせて新装開店したエチゴヤさんで尾買い物。










MRES MSR.338でござります。
スコープとバイポッドがセットで5万円弱は安い! …気がする。(末期

某茄子補正とガラガラくじの魔力に見事引っ掛かりマシタ。(・ω・`)
最初は 『イマドキの狙撃銃はドレもコレもガイコツみたいでイカン』 とか思っておったのですが、、、
AICSストックに触れたあたりから宗教観念が変わってきまして。(←



ちなみに他のブログさんでも報告がありますが、、、ストックのガタ、
レシーバー右側面のマガジンハウジング前方には塗装剥げがあります。
(ストックの調整ノブが当たり削れるようですね。)

また、給弾ルート確保のため、実銃には無い部品が追加されているのも評価が分かれるポイントかと思います。
私的にはプルーフされて追加された 『タクティカル的な何か』 と思い精神衛生を保つコトに。
実際にニーリングで撃つ時には丁度手を添えたい位置に来るので便利でしたが(ry



セットされているスコープはノンブランドのM3タイプです。
レティクルはミルドットで赤・緑・青の3色にHAKKO…もとい発行します。
10mで使う分にはまぁ問題ないでしょう。

バイポッドはスノーウルフ製のハリスタイプです。20mmレール用のアダプタも同社製ですが、
レール固定用ネジに6角穴やすり割りが無く、外周にローレットが切られているだけなので使い辛いです。





次に使い心地。
ボルトアクションは殆どKTWしか触らないのでアレですが、、、
コッキングは硬いですね。 戻しも若干抵抗感があります。

引く際に若干シャリシャリする感触もあるので、早速分解し清掃をば。
研磨屑のようなモノが残っていたようで、若干ティッシュが黒くなりマシタ。
組み直し後は硬さはともかく、シャリシャリ消えマシタ。

シリンダーの取り出しはレシーバーの分解無しでも行けそうですが、
私のようなボルトアクション初心者は分解したほうが確実そうな気配です。
方法は後で写真付きで記載しようと思います。(自分の備忘録も兼ねて)


トリガーフィールはヌメっとしてイマイチですね。
KTW M70の初期型ユニットのカドを取ったようなフィールというか、
ストライカー方式のハンドガンのようなフィールといえば判り易いでしょうか?
ヌヌヌッと粘り、ヌルッと吸い込まれるように抵抗感がなくなると発射する感触です。

トリガー周りプル調整用の機構もあるようなので、コレは調整すれば改善できるかもですね。



弾道は10mでは極めて素直。
グルーピングはミカン大には確実に纏まっていると思われマス。
初速はSGM(0.29g)で78.5m/s前後(0.9J弱)です。
私的には低すぎず高すぎずで丁度良い具合かなと。


とりあえづ、50発程度撃った感じではこんなトコロです。
明日はもう少しシミジミ撃ってグルーピングチェック等々したいと思いマス。  


Posted by 尾川屋  at 02:15Comments(2)MSR.338